Vietnam Hoian, cooking class

Written by rokushou

ベトナムの古都フエを出発し、バスでおよそ4時間半、ホイアンという街に移動しました。

ホイアンは、昔ながらの街並みが残る、日本で言えば倉敷のような街でしょうか。京都ほど大きな街ではないように思います。江戸幕府によって鎖国政策がとられるまでは、貿易のために滞在する日本人も多くいたようです。

ホイアンではクッキングクラスに参加、3つ目の旅のテーマです。

食は、旅の中でも最も重要な楽しみの一つ。クッキングクラスに参加して、旅先で覚えた料理を、自国に帰って再現できれば、友人と集まって旅行の土産話をするきっかけにもまりますし、楽しかった旅の思い出も蘇ります。

クッキングクラスの始まりは、買い物から。先生に連れられて、野菜、魚、肉、スパイスと、調味料を買い集めます。

ベトナムって感じの帽子。ちょっとした小物使いが楽しい思い出になります。
ホイアンは入江沿いの街なので、新鮮な魚介類が豊富。
観光客目当てでないマーケットは、迫力があります。
辛そうなスパイス。

食材が揃うと、先生のご自宅で料理スタート。参加者は13人。先生に加えてアシスタントさんが3名いらっしゃいました。

大きなアイランドキッチン。
和気あいあい。
ビールも出て、盛り上がります。
作った料理はみんなで少しずつシェア。

教えて欲しいレシピを事前に連絡するシステムで、私たちは13人で10種類のベトナム料理を作って食べました。おなかいっぱい!


kariganeのお客さまにも、クッキングクラスをぜひ紹介したいなと思っているのですが、今のところ日本人目線を捨てきれず、つい「外国人旅行者相手の子供だまし」みたいなものばかりに見えてしまいます。外国からのお客さまにとっては、十分満足していただけるものなのかもしれませんけどね。

あと、正直に言うと、とても疲れました。13人というのは、定員いっぱいの満員御礼状態。しかも10種類も料理を作ったから、時間もかなりかかりました。8時間くらい?できれば4時間くらいで終わって、腹6分目くらいの量が有り難いなという気がします。


Kyoto machiya cottage karigane

Official home page

Booking.com

Journey with your own style. 暮らすように楽しむ、京都の旅。

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です