Taiwan Tainan, hotel

Written by rokushou

『台湾の京都』とも呼ばれる、台南に行ってきました。

今回の研修には、『台南日常民宿』 (※日本語表記では『シヴィルライフ台南』、英語表記では『Civil life tainan』となっています。) という宿を選びました。

Booking.comでも非常に評価が高く、古い建物をリノベーションし、オシャレで、『台南の地元の人々が送る生活を体験しよう』というコンセプト感が、京町家コテージkariganeと共通しているからです。

日本が台湾を統治していた時代に建てられた、数学の先生の私塾だったそう。

部屋は4つ。私たちは、「象の鼻」という部屋に泊まりました。

ちなみに壁紙は、改装前からそのままだそうです。唐紙に通じるレトロ感があります。

座り心地の良いソファ。

本。読めませんが、興味をそそるセレクトに、オーナーのおもてなしを感じます。

窓からは、清々しい光が注ぎ込みます。バルコニーがついているので、日向ぼっこしながらコーヒーを一服、なんてのも良いですね。

孔子廟や鄭成功歴史博物館、林百貨店など台南の観光中心地に近く、T-BIKEというレンタサイクルの基地も目と鼻の先で、非常に便利です。また、それだけ利便性に優れているにもかかわらず、図書館や寺院に囲まれ、驚くほど静かなのもオススメポイント。

オーナーは英語が達者ですし、地元民だからこそ知る名店をたくさん教えてくれます。植物を愛し、手入れを欠かさない姿からも、彼の誠実さが伝わってきます。

清潔なのはもちろん、共有スペースも広く、キッチンもあり。コーヒーやお茶、お菓子やフルーツも用意してくれています。

台南を旅するにあたって、宿を探していらっしゃる方には、オススメです。

台南日常民宿(booking.com)


Kyoto machiya cottage karigane

Official home page

Booking.com

Journey with your own style. 暮らすように楽しむ、京都の旅。

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です