Taiwan Tainan, Tea shop

Written by rokushou

台南で訪れた、私たちオススメのお茶屋さん(茶葉を扱うお店)をご紹介いたします。

一二茶堂

若い女性オーナーの、お茶に対する情熱が溢れるお茶屋さん。有機農法で育てられた、こだわりのお茶が揃っています。

日本の茶道に触発されて生まれたという、茶芸や工夫茶と呼ばれる『お茶の淹れ方』が台湾にはあります。こちらでは、その工夫茶でもってお茶を淹れながら、試飲させていただけます。

産地や発酵度合いによって、お茶の淹れ方も変わります。何グラムの茶葉に対して、何度のお湯を、どれだけの量淹れて、何秒待つか。簡単ではありませんが非常に丁寧に説明してくださいますし、分かりやすいメモもいただけます。なので、せっかく高級なお茶を買って帰っても、美味しいお茶が淹れられないのでは?という心配は無用です。

パッケージも可愛いので、日頃お世話になってる大切な方へのお土産に最適、と言った感じでしょうか。


振発茶行

台南でも有数の老舗のお茶屋さん。歴史は100年以上と聞きます。

鉄観音、金萱、梨山、阿里山など、様々な高級茶葉が手に入ります。


十八卯茶屋

台湾のお茶文化をけん引するという、奉茶グループの旗艦店。日本統治時代の古い建物を改装し、カフェとして使われています。十八卯とは、つまり柳のこと。

ここでは台湾茶2種をいただきました。

長い筒は始め、短い筒に上下逆になって突っ込まれ、テーブルに運ばれます。

長い筒を引き抜き、香りを楽しみ、短い筒からお茶を飲む、という仕掛けです。

実はたまたま、隣席に工夫茶を研究するグループが。

私たちが日本人で、台湾のお茶に興味津々であることが分かると、あれやこれやとお茶を飲ませてくださいました。

こちらも甘えてばかりでは居心地が悪い、なんたってお茶好きの仲間なんだから、日本から持参した抹茶を振舞おうということになり、宿まで道具を取りに走って帰りました。

旅茶碗に、茶筅と茶杓。お茶缶をそのまま棗にしましたので、楽しんでいただけたかどうか。しかし、こちらの想いは伝わったと感じています。

一座建立の図。お茶と旅は、国境も言葉も超える、世界の平和促進装置ですね。

ありがとうございました。


Kyoto machiya cottage karigane

Official home page

Booking.com

Journey with your own style. 暮らすように楽しむ、京都の旅。

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です